青汁は血圧を下げる効果があるのか?その効果を徹底調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青汁比較ナビコラム写真

近年、健康ブームが巻き起こっていますが、未だに生活習慣病が増加傾向にあります。

 そして年間6割以上の方が生活習慣病が引き金となって亡くなっているのです。

生活習慣病ってどうやって起きるの?
この生活習慣病は、普段の食生活の乱れや運動不足、ストレス、喫煙などが主な原因とされていますが…なかでも厄介なのが「高血圧」です。

では、青汁は血圧を下げることに役立てることはできるのでしょうか?

その効果が本当なのかを見ていきましょう。

目次タイトル

青汁と高血圧の関係性とは?

ちなみに、血圧が上がるとどうなるの?
様々な合併症を引き起こし、直接的な病気や重篤な疾患を作り出したりします…。

 高血圧の治療に「降圧薬」が用いられる場合がありますが、健康のために薬を服用することに抵抗を感じる方も多いでしょう。

そんな時、血圧を正常値に近づけるためのサポートをしてくれるものこそが「青汁」ってわけだな。

青汁を飲んで血圧低下に役立てるのか?

結論から言いますと、血圧低下できる可能性があります。

では青汁のどのような成分が、血圧を正常値に近づけてくれる効果が期待できるのでしょうか?

高血圧と診断されると、「減塩しなければならない」というイメージですよね。ナトリウムの過剰摂取も高血圧になる原因のひとつです。

毎食塩分量を意識して作ったり、購入する時にも栄養成分表とにらめっこしたり…。とても骨が折れるわ…。
その食事の塩分を減らすという方法以外に、カリウムを摂取すると、過剰摂取した塩分を体外に排出する手助けをしてくれることは有名な話です。

そのカリウムのパワーは、「自然の降圧薬」と呼ばれているほどです。
 

カリウム

カリウムは体内の水分量をコントロールして、利尿作用を促してむくみの解消をしたり、神経細胞の刺激伝達に作用するとても大切な役割を果たしてくれます。
血圧が下がりにくい方は、普段の食事にミネラル(主にカリウム)が不足の可能性もあり得ます。
よく汗をかいたり、インスタント食品を好む方にも多く見受けられます。
また、不足しすぎて「カリウム欠乏症」になると、食欲不振や脱力感を感じたり、「何だかいつも調子が悪い」状態になることもあり、生活習慣病のリスクが高まってしまうのです。

カリウムは野菜や果物に多く含まれます。

「なるほど、そこで青汁の出番ね。」

とお思いの方。カリウムだけではありません。青汁には原材料別に実に様々な血圧低下に役立つ成分が含まれているのです。

その成分は血管を詰まらせ、血液の流れを悪くすることで血圧を上げてしまう悪玉コレステロールを減らしたり、高血圧による血管硬化を防ぐ効果が期待できたりと多岐に渡ります。

では実際に、青汁に使用されている原料別に、その効果的な成分や効果を見ていきましょう。

血圧低下に役立てる原料はどれ?

 

大麦若葉
・大麦若葉

大麦若葉には、コレステロールが腸から吸収されるのを抑えるのに役立つ、ヘキサコシルアルコールという成分が含まれています。

それにより高血圧を予防し改善することが期待でき、大麦若葉のカリウムの含有量は青汁の原料として有名なケールと並んでトップクラスで、血圧を正常値に近づける手助けをしてくれます。

また、大麦若葉の有効成分の一つであるSOD酵素は、最も強力な抗酸化作用があり、血管を強く丈夫にしてくれるので、血管硬化を防ぎ柔軟性を保ち、血液をサラサラの状態にしてくれます。高血圧に悩む方に、とても心強いですね。

yasai_003
>>大麦若葉についての詳しい情報は「大麦若葉特集」で!
・ケール

苦いと言われているケールも、その苦味成分であるイソチオシアナートが血流を正常な状態に保ってくれる事で、血栓の予防へと繋がる働きを担ってくれます。

高血圧の方の血管は詰まりやすいと言われていて、悪玉コレステロールによって詰まりやすさが促進されてしまいます。

ケールに含まれるSMCS(S-メチルシステインスルホキシド)という天然のアミノ酸は、肝臓で作られる酵素の働きを活性化し、悪玉コレステロールが胆汁酸として変化し体外へ排出されるための合成を促進してくれるので、悪玉コレステロールを減らすのを助けてくれるのです。

yasai_001
>>ケールについての詳しい情報は「ケール特集」で!
・桑の葉

ストレス対策のチョコレートとして製品化されたことで知名度を上げた、GABA(ギャバ)という成分をご存じでしょうか。

有用成分であるギャバは、桑の葉にとても多く含有されていて、その量はケールの6倍ほどです。 

ギャバにはノルアドレナリンという、血管を収縮させてしまう物質の分泌を抑制して、血管の働きを司る神経に働きかけてくれることに期待できます。

血液の流れを良くして血圧低下をサポートしてくれるのです。

yasai_004
>>桑の葉についての詳しい情報は「桑の葉特集」で!
・明日葉

明日葉に含まれるカルコンという成分は、ポリフェノールの一種で強い抗酸化作用と抗菌作用を併せ持っています。

カルコンは末梢血管を広げることに役立ち、体内の血行を促進し水分代謝がよくなることで血管内に滞っている老廃物を排出してくれる働きをもっているので、高血圧に悩む方の力になってくれます。 

yasai_002
>>明日葉についての詳しい情報は「明日葉特集」で!

日常での青汁の取り入れ方は?

じゃあ高血圧への効果を期待して飲むには、どんな風に飲めばいいんだ?

青汁に使用される原料である野菜は、加熱することで多くの栄養素が破壊されたり、減少したりします。

高血圧に効くとされている様々な成分もそういう場合があり、例えば大麦若葉に多く含まれているSOD酵素は熱に弱かったりします。

わざわざ非加熱処理されている粉末青汁もありますので、注意していただきたいです。

青汁はダイエットや糖尿病対策、便秘や野菜不足解消など、たくさんの健康サポートを目的として飲まれています。

 

これにより血中脂肪が増えるのを防いで、血圧の上昇を防止することに一役買ってくれるんですね!

まとめ

家庭用の血圧測定器がとてもリーズナブルな値段で販売されているほど、血圧が健康のバロメーターのひとつと言えるのではないでしょうか。 

高血圧になりやすい人の中には、妊娠されている方も含まれますね。

妊娠における急激な体調の変化で高血圧になってしまう方もみられます。そんな時、なるべく薬に頼りたくないですよね。

青汁には即効性はありませんが、だからこそ安心して飲むことができるのが青汁のメリットです。

ただでさえ高血圧で体に負担がかかっている状態です。

食生活を急に変えるのは難しいですが、青汁の摂取は安全で負担がかかりにくい、体に優しい方法と言えるのではないでしょうか。

選ぶ際の注意とオススメ青汁

腎臓に障害があると、カリウムを十分に尿に排出できずに体内に蓄積されていきます。

腎機能の低下がみられる方や人工透析をされている方はカリウム量を制限されている場合がありますので、ドクターに相談してください。

他の病気を患っている方、普段薬を服用なさっている方も併せて相談なさってくださいね。

<血圧低下にオススメな青汁>

 

●極の青汁(サントリー)
no1  
  

【原材料】

大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン 
極の青汁は、大麦若葉が多く入っています。マルチトールが含まれていますが、その分とても飲みやすく毎日続けやすいです。
●ヘルスマネージ大麦若葉青汁(大正製薬)
ヘルスマネージ大麦若葉青汁

【原材料】

大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶、キトサン(カニ由来)、トレハロース、増粘多糖類
コレステロールを低下させる働きを持つ「キトサン」が配合されています!

 

健康向け青汁ランキングを見る >
健康向け青汁ランキングを見る >

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の青汁効果効能

PAGE TOP