青汁は糖尿病予防に効果的?血糖値も下げることができるのか徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青汁比較ナビコラム写真

自覚症状がほとんどなく、重症化するまで気づかずに過ごしている「糖尿病予備軍」

なんと6人に1人が糖尿病の危険性を抱えていると言われてるんです…!

遺伝性のものから食事習慣による糖尿病、若年性糖尿病など様々な原因があり、幅広い年齢層の方が糖尿病を患っています。

実はその9割以上が、2型糖尿病といわれている「偏った食事や運動不足による生活習慣の乱れ」で起きているのです。

そんな糖尿病に、青汁は役立てるのか?

食物繊維や糖の吸収を緩やかにしてくれる成分が入っているものもあります。

糖や脂質の代謝を上げるのに役立つような栄養素が豊富に含まれている青汁を摂取すれば、糖尿病、血糖値対策に役立てるかもしれません。

それでは、糖尿病・血糖値と青汁の関係について詳しく見ていきましょう!

 

目次タイトル

糖尿病と血糖値の関係

まずは簡単に、糖尿病と血糖値の関係性を説明しますね!

糖尿病は血糖値の高い状態が続いて起こりやすくなる病気です。糖尿病になりやすい食事などを理解してから、効果的に青汁を摂取することが大切です。

血糖値が上がりやすい食事って?

血糖値が上がりやすい人の生活パターンに、「ストレス過多」「喫煙」「運動不足」などが上げられますが、なかでも「食」によるところが大きいのです。

「暴飲暴食」はわかりやすいですが、「1日2食」など食事の回数を減らしたり、食事の間隔が空きすぎても、血糖値が急上昇するきっかけとなってしまう可能性があります。

糖尿病といえば、糖分の摂り過ぎで起こるものというわけではなく、ファストフードなど高脂質な食べ物や、お酒でも血糖値は上昇します。

さらに塩分が多かったり、食べるスピードが速い・間食や夜食など食べる時間などにも、糖尿病のリスクを高めてしまう要素が潜んでいるのです。

血糖値が高いとどうなるの?

高血糖状態が続き、慢性化すると糖尿病になる可能性があり、恐ろしい合併症の引き金となってしまうのです…。
糖尿病と診断されると、病院では血糖値を一時的に下げる薬や注射を使って血糖値をコントロールする治療をしていますが、一度悪くなった代謝の変化を完治させることは難しいと言われています。

いかがでしょう?

胸を張って、糖尿病になる恐れはない!と言い切れますか?今ならまだ間に合うかもしれません。

しかしおいしいものに溢れていて、忙しい現代社会です。そうそう簡単にライフスタイルを変えることは困難でしょう。

ここで青汁の出番なのね。

糖尿病・血糖値対策に青汁が良い理由とは?

青汁が体に良いことは知ってるけれど、どの青汁がいいのか悩むわ。

青汁には様々な成分が含まれています。そして、種類がとても多いです。

その中のどんな成分がより糖尿病、血糖値対策に役立てるのかチェックし、青汁選びに生かしましょう。

青汁のどの成分が、糖尿病・血糖値対策に役立つの?

食物繊維

まず、いわずと知れた食物繊維です。

なかでも水溶性食物繊維は蓄えた水分と一緒に、摂取した食品を包んで粘度の高い塊にすることによって胃が膨れ、満腹感を得られる可能性があります。

それにより、食べ過ぎを防ぐ手助けになり、余分なコレステロールの吸収の抑制に繋がる期待が持てます。

その他にも、糖質の吸収速度を緩やかにすることで、血糖値の急上昇を阻害する可能性があるのです。

亜鉛
高血糖・糖尿病の方は、尿から亜鉛が必要以上に排出されている場合があるので、不足しないためにも補いたい栄養素です。

クロム
炭水化物の代謝を助ける「クロム」はミネラルの一種です。

インスリンと結合し、細胞内のインスリン作用を誘起するたんぱく質である「インスリンレセプター」の感受性をクロムが高める働きをする可能性があるとされています。

吸収率が3%未満と低いので、積極的に摂りたいミネラルです。
海外では、ダイエットサプリとしても人気を博しています!
BCAA
BCAAは必須アミノ酸である、バリン・ロイシン・イソロイシンの総称で、インスリンの分泌を促進するサポート役です。

体内における糖代謝がスムーズに行われ、膵臓への負担が緩和されることにより膵臓がインスリンを分泌しやすくするのに役立てる可能性があります。
 
カルコン
青汁の原料に使われる「明日葉」には、「カルコン」という独自の成分があります。

ポリフェノールの一種で、高血糖で粘度が上がった血液をサラサラにしてくれることで、血栓ができるのを抑制する可能性があります。

サラシア・桑の葉

どちらも血糖値対策のお茶などに含まれていることが多いです。

糖の分解・吸収を抑制することで血糖値の上昇を抑えてくれる可能性があります。

なんだか小難しいけど、血糖値対策に良いかもってことはわかったわ。

青汁の人気は昔から根強く、現代においても日進月歩で、どんどん新しい商品が開発・生産されています。その原料は幅広く、有名どころを上げれば、ケール、明日葉、大麦若葉と聞き覚えのある方も多いと思います。

どの青汁も「野菜」が使用されているので、野菜不足の解消と共に、糖尿病・血糖値対策に役立つ成分が何かしら含まれている可能性が高いです。

上記を参考にしながら取りたい対策や味の好みで選んでみてください。

青汁を取り入れる際のポイント

野菜不足の影に、野菜嫌いの偏食家もいらっしゃると思います。健康のためといえど、おいしく飲めなくては続けられませんよね。

いくら体に良いと分かっていても毎日続けるなら美味しく飲みたいですね。
アレンジ

苦みが気になる「ケール・にがうり」などの青汁は、牛乳や豆乳といった「ミルク感」のあるものに溶かして飲むと苦みが和らぎます。

脂肪分が気になる方には、スキムミルク(無脂肪乳)でもいいでしょう。青汁に不足しがちなたんぱく質も一緒に摂れるのでおすすめです。

青臭さが気になる方は、りんご・グレープフルーツなどのジュースと合わせるとさわやかに飲めると思います。

まとめとオススメ青汁

気を付けたいこと

過食を恐れて「1日2食」など食事の回数を減らしたり、食事の間隔が空きすぎでも血糖値が急上昇してしまう可能性が上がります。毎日バランスの良い食事を心がけてください。

忙しかったり、食欲が沸かないときには、アレンジ青汁を試してみてくださいね。

お薬を服用されている方、ならびにサプリメントや栄養ドリンクを飲まれているかたは、お薬の飲み合わせや栄養素の過剰摂取により、重大な健康被害に合う恐れがありますので、ドクターと相談なさってください。

また、青汁はあくまでもサポート役ですので、過信しすぎて病院に行かないのはとても危険です!
●極の青汁(サントリー)
no1  
  

【原材料】

大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン 
極の青汁は、大麦若葉が多く入っています。マルチトールが含まれていますが、その分とても飲みやすく毎日続けやすいです。
●ふるさと青汁(マイケア)
no2

【原材料】

あしたば葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末 
八丈島産の明日葉を、根まで丸ごと使用した珍しい青汁です。

明日葉をメインに使用していますが、桑の葉・大麦若葉といった青汁で多く使用されている原材料も入っています。

 

健康向け青汁ランキングを見る >
健康向け青汁ランキングを見る >
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の青汁徹底検証

PAGE TOP