青汁の美白効果って嘘?本当?色白美人になれるのか徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青汁比較ナビコラム写真

健康のために飲まれている青汁ですが、ただ野菜不足だから飲んでいるという方だけでなく、肌荒れの改善や美白効果を求めて飲んでいる方もいるようです。 

ダイエット系の青汁も販売されているので、
健康のためではなく美容のために飲んでいる方もいらっしゃいますね。
友達で飲んでいる子いますね~痩せるためにって。

健康のための青汁ならまだしも”美肌効果”となると、少し怪しいようにも思います。 

確かに、美肌ってことはシミがなくなるとかってことよね?
本当に青汁を飲んで美白になるかいまいち信じられない。
青汁に美白効果があるのか調べるのはもちろん、シミができる原因など、
美白に関係のあることを調べていきますよ。

目次

そもそも何でシミができるのか?原因を調査

美白になるためには、シミを除去しなければいけません! 

そばかすはいいけど、シミはちょっとね~…。
そばかすがある女性は可愛らしいけど、
シミはちょっと老けて見えなくもないですねっ……。
(は???????)

シミは頬や目の周りなど、左右対称にできやすいのが特徴で、30代以降からできやすくなります。また、産後のホルモンバランスの乱れやストレスなどでもできる疾患です。

そばかすは遺伝的な要素が多く、加齢によって薄くなるケースもあります。

年齢が大きく関係しているシミですが、加齢を除けば紫外線の影響が次いで大きいです。 

シミができるからって言って日焼け止め塗ってましたねっ…。
なんで紫外線でシミができるの???
それはメラニンが関係してるからですよっ!

なぜ、紫外線によってシミができるのかなど、シミができる原因を調査していきます! 

シミができる原因は紫外線だけじゃない

シミができる原因って加齢と紫外線くらいですか?
いえ!その2つ以外にもシミができる原因はありますよっ!

シミができる原因一覧

・紫外線
・乾燥
・ストレス
・睡眠不足
・肌荒れ(ニキビ等)
・ホルモンバランスの乱れ
・加齢

 

こんなにあるの…!?乾燥もシミの原因になるなんて…。
そうです!!!紫外線と加齢だけじゃないんですよっ!

これらの影響を受け、髪の毛を黒くする作用があるメラニンが増えてしまうんです。
では、メラニンとシミの関係について見ていきましょう。

 

肌のターンオーバーが正常なら美白を保てる?

肌は紫外線を受けることによって、メラニン色素(色素沈着)が生成されます。通常、肌のターンオーバーによって排出されますが、紫外線やストレスなどを受けてターンオーバーが崩れ、肌に色素沈着をしてしまいそのままシミとして残ってしまいます。

ターンオーバーについて

肌は紫外線を受けることによって、メラニン色素(色素沈着)が生成されます。
通常、肌のターンオーバーによって排出されますが、紫外線やストレスなどを受けてターンオーバーが乱れ、肌に色素沈着をしてしまいそのままシミとして残ってしまいます。
ターンオーバーが関係していたんですね~。
じゃあ乱れていなかったらどうなるんですか?
正常であれば、少し黒くなってしまった肌もターンオーバーによって、
元の白い肌に戻りますよ!

ターンオーバーが正常であれば白い肌に戻りますが、紫外線のダメージを完全になかったことにはできません!徐々にターンオーバーのサイクルが乱れて肌が生まれ変わらなくなり、日焼けした肌の色のままシミとして残ってしまいます。

ですので、日々の紫外線対策が基本中の基本と言えます! 

日焼け止めや日傘など、紫外線対策をするのは基本です!

シミをつくらいためにも、紫外線対策をするのは基本です。
ですので、なぜ青汁に美白効果があるのか疑問になってしまいます。 

確かに、なんで青汁を飲むことが美白に繋がるのか不思議。
青汁が紫外線対策になるの…??

青汁に美白効果があるのは緑黄色野菜のおかげ

全ての青汁に含まれているわけではありませんが、
青汁の原料(大麦若葉や明日葉)以外に、緑黄色野菜が含まれています。

青汁に使われていものでいえば、
・ほうれん草
・パセリ
・ブロッコリー
・モロヘイヤ
・ニンジン

などがメジャーだと思います。 

ズバリ、これらの緑黄色野菜に含まれる栄養に美白効果があると言えます!
青汁の美白効果がウソじゃなくてよかった~~~!
ただ、栄養を摂ったからといってすぐ美白になるとか、
即効性に関しては期待できないので注意してください!
・・・。

肌に必要なビタミンを摂るには青汁が効率的?

シミをつくらないようにするためには紫外線対策をするのも重要ですが、紫外線に負けないような肌をつくることも大切です。そのためには、日々のケアも必要ですが、肌に必要なビタミンを摂ることも考えなくてはいけません! 

ビタミンを補給して、シミができにくい土台を作ってあげるイメージです。


主な栄養素とその効果を挙げてみます。

栄養素 働き
ビタミンA ターンオーバーの促進
ビタミンB 代謝促進
ビタミンC メラニン生成を阻害
食物繊維 腸内環境の改善

これらの栄養素を摂ったからといって、すぐに肌が焼けなくなるとか便秘が解消するとか、そういったことはないですが、継続して摂れば体質を改善していくことができるでしょう。 
青汁の中には、これらの栄養素が満遍なく含まれているものはもちろん、
栄養素の吸収率を高めた商品も販売されています。
青汁で栄養を摂取することのメリットは、
・コスパが良く手軽
・時間がない朝の時間でも栄養が摂れる
・食物繊維が豊富に含まれていること

など、紫外線予防効果はありませんが、食物繊維の整腸作用によって肌の老廃物を排出する効果はあります。体に溜まった老廃物を排出し、ターンオーバーを整えていく…徐々に肌の調子を整えていくことには期待できるでしょう。

 

青汁では根本的な原因は改善できないので注意!

青汁から摂取できる栄養素で、老廃物を排出しターンオーバーを整えることには期待できますが、シミを根本から改善することはできません! 

青汁を飲んでも、シミの原因を根本から改善することはできませんよ!
シミを残さないような体づくりを手伝ってくれるんですよね。

シミの原因である紫外線を予防することからしなければ、青汁を飲んでいてもシミはできます。それに、普段から不規則な生活をしていたら元も子もありません。

普段から紫外線対策、スキンケアをしなければいけませんよ! 

美白になるために青汁に頼ってはいけないということです!!
それはそうよね!青汁を飲んだだけで美白になったら、
みーんな青汁飲んでるもん!

青汁と化粧品で体の内側・外側からケアをしよう

青汁だけでは美白を取り戻すことは難しいです!
紫外線対策、スキンケアは必ず行いましょう。

青汁・化粧品でできるシミの予防と改善について例を挙げながら、
ケアについて見ていきましょう。 

青汁でビタミンを補って保湿成分等の補給

まずは、青汁がシミの予防と改善に対してできることを挙げます。 

青汁ができるシミ対策

・肌のバリア機能の強化
・コラーゲンの生成
・腸内環境を整える

即効性はないですが、継続をすることで体の内側からシミの予防と改善ができるようになります。ただし、紫外線の影響などをないことにはできません。

ですので、青汁の働きは肌にビタミンを届けること、受けたダメージを回復する力の強化
この2つが考えられます。

 

化粧品で肌に直接栄養を補給

青汁では、肌をすぐに保湿することはできませんが、化粧品なら可能です。 

化粧品でできるシミ対策

・肌を紫外線から守る
・直接肌に栄養を与えることができる
・直接美白を取り戻す
・すぐに保湿ができる

青汁にはない”即効性”がポイントです。
日焼け止めで紫外線から肌を守り、乾燥した肌もすぐに保湿をすることができます。

しかし、生活習慣などが関わっているターンオーバーを整えることはできず、いくらスキンケアをしてもシミをなくすことはできません。当然化粧品には食物繊維は含まれているはずがないので、腸内環境を整えることはできません。

ですので、青汁の栄養と化粧品を活用して、
体の内・外側からケアをすることが、有効な手段だということです。 

普段から紫外線対策をしている方は多いと思いますが、
そこに青汁を加えてあげるともっと良いよ!ってことですね。

生活習慣を見直して、美白をキープできる体つくりを

化粧品で日々対策することはもちろん、生活習慣が関わっている肌のターンオーバーを整えるためにも、食生活だったり睡眠であったり、見直すことはたくさんあります。

生活習慣が正しくて紫外線対策をして、シミなんて1つもない!ずっと美白をキープしてる!なんて人のほうが珍しいと思います。

美白になるために、少しずつ生活習慣の見直し、シミ対策を取り入れていきましょう。青汁を取り入れるのが1つの手ではありますが、青汁を飲んだだけで美白になるなんて勘違いしないように気を付けてください! 

日焼け止め買ったし、日傘も買った!
あとは夜更かしをしないように気を付けていきます!
ちゃんと栄養も摂って、美白をキープできる体を目指しましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の青汁効果効能

PAGE TOP