青汁は免疫力を高める?本当に風邪を引かなくなるのか徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青汁比較ナビコラム写真

「体調管理をしっかり」と、学校であったり職場であったり、言われることがあると思います。ですが、体調管理をどうすれば良いのか、具体的な方法等は分からないような気がします。

ちゃんとご飯を食べるとか、寝るとかかなぁ?
思い当たるのはそれらですよね。「免疫力を上げる」ことが必要ですが、規則正しい食事や睡眠を心がけることも免疫力を上げるためには必要なものです。
免疫力??病気の予防ってこと…?
簡単に言うとそういうことですね!
免疫力を高めておけば、体調を崩すことも少なくなっていくでしょう。

免疫力を向上させておけば風邪を引くことも少なくなるでしょう。

ただ、免疫力は生活習慣によって低下していってしまいます。では、青汁で免疫力は高められるのでしょうか。

青汁と免疫力の関係について見ていこうと思います!

目次

青汁を飲んで免疫力が向上!?あり得ることなのか徹底調査

風邪予防だったり、体調を崩さないためであったり、体調を整えるためには免疫力を高めておく必要があります。学校・仕事を休まないためにも体調管理は重要ですよね。 

季節の変わり目だと風邪ひきやすいかも。
その風邪を予防するために、青汁が効果的らしいんですが…。
青汁飲んで風邪を予防できたら、みんな青汁飲みますよ…。

確かに、青汁に風邪を予防する効果があったら、誰もが率先して青汁を飲みますよね。
ですが、免疫力という点で考えると少なからず関係があることが分かりました。 

そもそも免疫力とは??

免疫力って?

病原菌やウイルスなど外敵の侵入を防いだり、体内の有害な細胞を除去する自己防衛機能のことを言います。

病気にならないために免疫をつけるというのは、
体内に侵入してきた菌などをやっつけるための力を強化しておくということです。 

疫(病気)から免れる機能なので「免疫」というわけですね!

人間の体の中では毎日がん細胞が発生しているとも言われているので、
極端ではありますが、免疫機能がなければヒトはすぐに病気にかかってしまうでしょう。

それだけ健康でいるために必要な機能ということです。 

じゃあ免疫機能が弱っちゃったらどうなるの??
体のだるさや眠気が取れない場合や、風邪を引いたり肌が荒れたり、
なんらかの影響が出てしまいます!

体に害のある菌などから守っていたものが弱ってしまうと、
すべての菌を撃退することができなくなり、体調を崩すことが増えてしまうでしょう。

それでは、なぜ免疫力が低下してしまうのか解説していきます。

 

免疫力が低下する原因は「食生活」や「ストレス」

免疫機能が低下する原因は大きく分けると、3つあります。

①生活習慣
②加齢
③外的要因

これらが考えられます。


①生活習慣
睡眠不足、運動不足、偏った食生活、喫煙や飲酒、そしてストレスもこの生活習慣の中に入ります。少し生活リズムが崩れただけで風邪を引いてしまう、なんて方もいるので、生活習慣には気を付けなければいけません。

②加齢
免疫力は20歳前後がピークで、それ以降徐々に低下していきます。

③外的要因
環境汚染やウイルス、病原菌によって、低下します。
加齢によって低下した免疫力が外的要因によって、さらに低下していってしまいます。

この3つの中で気を付けなければいけないのは、やはり生活習慣です。生活習慣さえ整っていれば、年齢を重ねっていっても風邪を引いたりなど体調を崩す可能性も少なくなります。 

寝る時間がバラバラになるとのどが痛くなったり咳が止まらなくなったり、
風邪を引くことが多いですね…。
ストレスも関わっているので、
現代人の免疫力は日に日に低下しているのでは、とも思います。

 

免疫力を高めるには生活習慣を改善させるのが有効

 

生活習慣

生活習慣が大きな原因になっているので、
生活習慣を改善させることが免疫力を高めるために有効な方法だと考えます。 

寝不足とか偏食で免疫力が低下するなら、
確かに生活習慣を正すのが有効だってことになりますね~。
そうですね。生活習慣が原因になっているのに、
風邪予防に青汁を飲むって少し変だとは思いませんか…!
変だと思うわ…!でも食生活は少しは改善できそうじゃない…?
ですが、青汁で食生活は改善できると断言はできないですし、睡眠やストレスも関係しているので風邪を予防ができるとも断言できないんです。

青汁で食生活を改善することは難しく、普段野菜を摂らないから少しでも補おうとするのはOKです。サポートしてくれるイメージです。

ですので、やはり生活習慣を改善することが有効な手段になります。 

じゃあなんで青汁が風邪予防になるんですか…?

青汁に使われる原料と食物繊維が関係している?

青汁がなぜ風邪予防(免疫力を高める)になるのか、その理由に迫っていきたいと思います。まず1つ目は、青汁の原料である、大麦若葉・明日葉・ケールです。

各原料が持っている抗酸化作用が効果的に働きます。 

免疫力と抗酸化作用の関係

体に取り込んだ酸素の約2%は、体内で活性酸素に変化します。この活性酸素が過剰に増えてしまうと体内の細胞や組織にダメージを与え、免疫力が低下してしまいます。この活性酸素を撃退する働きが抗酸化作用です。

大麦若葉・明日葉・ケールの効果を解説!

・大麦若葉
免疫力を高めるための成分として特徴的なのが、SODと呼ばれる酵素です。強力な抗酸化作用を持っていて、糖尿病などの生活習慣病や、しわ、しみなどエイジング減少の原因の一つとされる活性酸素の働きを抑制する酵素になります。

・明日葉
明日葉には抗酸化作用を持っているβ-カロテンやSOD酵素が含まれています。また、明日葉特有の成分である「カルコン」にも強力な抗酸化作用があり、SOD酵素などとの相乗効果に期待できるでしょう。

・ケール
ケールが特に優れている点は、免疫力を高める性質を持っているビタミンCが多く含まれていることです。抗酸化作用を持つβ-カロテンとビタミンEも豊富に含まれています。 

大麦若葉、明日葉、ケール、それぞれ抗酸化作用を持っています。
なんで青汁で免疫力を高めることができるのか、1つ理由が分かったわ。
それではもう1つのポイント「食物繊維」と免疫力の関係を見ていきましょう!

 

食物繊維で腸内環境を整え、免疫力を高める

食物繊維の主な働きは、
・腸内環境を整える
・コレステロール値を下げる
・糖尿病予防
・肥満予防 など

腸内を綺麗に保つことが健康の秘訣とも言うくらい、大切なことです。

腸内にある有害物質を便として排出をし、消化管の働きを活発にさせる働きがあります。
活発になることで、腸内が綺麗になり善玉菌が増え、免疫細胞のリンパ球(病原体と戦う免疫力)を活性化させるため免疫力が高まります。 

食物繊維が病原体と戦う力をくれるのね!
食物繊維

主に青汁に使われている原料は
・大麦若葉
・明日葉
・ケール

これら全てに食物繊維が含まれていますが、中でも明日葉は食物繊維を多く含んでいます。
あえて選ぶのであれば明日葉を原料にしている青汁が良いでしょう。 

極み

 

「極みの青汁」は、大麦若葉と明日葉をメインに使っている青汁です。

味のクセが少ない抹茶風味で飲みやすく、青汁初心者の方でも飲めるようになっています。腸内の細菌バランスを良好な状態にする「フラクトオリゴ糖」も含まれているので、免疫力を高めるために有効な青汁でしょう。

自分の生活を見直して免疫力を向上させよう

青汁に使われている原料が持っている”抗酸化作用”と”食物繊維”が免疫力を高めることができます。ですが!青汁を飲んでいれば風邪を引かなくなるなんてことは、難しいでしょう。 

最初にもあったように、青汁を飲んで風邪を予防出来たらみんな青汁をのんでいますし、風邪も引かなくなります!!!
そんな簡単な話ではないってことよね…。

免疫力が低下するのは、生活習慣が大きく関わっています。
生活習慣が関わっているので、青汁だけで解決しようとするのは無謀だということです。

実践したいことは、
・喫煙を控える
・睡眠時間7~9時間確保
・朝食は抜かない
・湯船に浸かって体を温める
・適度な運動
・偏らないバランスの良い食事

など、免疫力を高めるだけでなく、生活リズムを整えるためにも重要です。

溜めがちなストレスも、ゆっくり入浴をしたり運動をしたり、解消していくこともできるので、毎日忙しく大変であっても心に余裕ができるかもしれませんよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の青汁効果効能

PAGE TOP