青汁がコレステロールに効くって本当!?その効果を栄養士の解説を元に検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青汁比較ナビコラム写真

 

健康診断でコレステロール値を気にした方が良いと言われてしまった・・・
だったら青汁を飲んだら良いんじゃないかしら?

最近、青汁がコレステロール値を下げる効果があるって聞いたのよ〜
なるほど・・・青汁でコレステロール値が下がるなら手軽で良いな。

でもなんで青汁がコレステロール値を下げる効果があるんだ・・・?

本当なのか・・・? 
そうねぇ・・コレステロールに関係なさそうよねぇ・・・

このように、「青汁がコレステロール値低下に効果がある」という話を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし一見コレステロールとは関係のなさそうな青汁が、本当にコレステロール値低下に効果があるのかどのようなメカニズムでその効果を発揮するのか、半信半疑な方もいらっしゃると思います。 

一見あまり関係がなさそうな青汁とコレステロールですが、実は重要な関係があるんです!

青汁とコレステロールの関係、そしてその効果について、詳しく解説していきます。

 

  

目次

 

コレステロールは悪者じゃない?その正体を探る!

青汁_コレステロール_12

 「コレステロール」という言葉は一般的に浸透し、年齢の若い方の中でも「摂り過ぎてはいけない」という認識が浸透しています。 

私たちの年代でも、「卵は1日1個まで」っていうイメージがなんとなくあるわぁ〜   
でもコレステロールを一切摂取しない生活なんてできないわよねぇ・・・
「コレステロール=悪いもの」というイメージをお持ちの方も多いですが・・・

実はコレステロール全てが体に悪影響を与えるわけではなく、体には絶対に必要なものなのです! 
コレステロールは摂取しない方が良いものなのかと思っていたが・・・違うのか?  
まずはコレステロールがどのような役割を果たし、なぜ悪影響をもたらすのか、詳しく解説していきます!

 

意外!コレステロールは体に必要なもの! 

青汁_コレステロール_13

 悪者というイメージの強いコレステロールですが、摂取しない方がいいというわけではありません。 

実はコレステロールは体に必要不可欠なものなんです! 

【コレステロールの働き・効果】

●細胞膜の一部になる
 ⇒細胞膜を強化し、細胞内にウイルスなどの外敵が侵入するのを防ぐ

●ホルモンの原料になる
 性ホルモン・副腎皮質ホルモンの原料となり、性機能全般やタンパク質・糖質の代謝を助ける

●胆汁酸の原料になる
 ⇒脂肪の分解・消化・吸収を助ける  
このように、コレステロールは体内で重要な働きをするため、なくてはなりません。
コレステロールって実は体の中で良い働きをしているのねぇ・・・ 
コレステロール自体が体に悪いというわけではなく、極端に少なくなってしまうと体に悪影響を及ぼす可能性があることもきちんと知っておきましょう。          

 

摂取しすぎると危険‥その影響とは!?

じゃあなんでコレステロールが悪者のように言われているんだ? 
コレステロール自体にはとても重要な役割がありますが、日常的に摂取しすぎてしまうと体に悪影響を及ぼす可能性があるんです!

 なぜコレステロールが体に悪い影響を及ぼすのか、そのメカニズムを見ていきましょう。
青汁_コレステロール_001 
コレステロールには「HDLコレステロール」と「LDLコレステロール」というものがあり、

HDLコレステロール=善玉コレステロール
LDLコレステロール=悪玉コレステロール

と呼ばれています。
「悪玉」の方が悪い影響を及ぼすのでしょうか!? 
実は「悪玉」と言われるLDLも、なくてはならない存在なんです! 
青汁_コレステロール_02 
肝臓から各組織にコレステロールを運ぶ役割をしているのが「LDLコレステロール」です。

反対に、不要なコレステロールを肝臓へ戻す働きをするのが「HDLコレステロール」です。
悪影響を及ぼすどころか、きちんとした役割があるじゃないか 
そうなんです!

ですが、日常的にコレステロールを多く摂取し、LDLコレステロールが増加してしまうと・・・ 
青汁_コレステロール_03 
HDLコレステロールが運びきれず、運びきれなかったものが動脈に溜まってしまいます。 
青汁_コレステロール_04 
残されたコレステロールが血管内に徐々にこびり付き、固まってしまいます。

このため、動脈硬化などの疾患を引き起こす原因となってしまうのです! 
なるほどな・・・それでコレステロール値が高いとダメなのか 
コレステロール値が高くなってしまう理由は、食生活や運動不足、肝機能の低下など様々な要因が考えられます。

そのままにしておくと大きな疾患を引き起こす可能性があるため、早めの対策を行うことが大切なのです!
 

       

期待大◎青汁はコレステロール値を下げる効果あり!?

実際に青汁はコレステロール値の低下に効果が見込めるのか・・・? 
 種類によっては、効果が期待できるものもあります!
でもなんで青汁がコレステロール値の低下に影響するのか不思議だわぁ〜・・・ 
そこでは青汁に含まれる成分が重要なカギとなります!

どのような成分が、どのようにコレステロール値低下へ効果をもたらすのかについて、詳しく見ていきましょう!

 

食物繊維の「整腸作用」でコレステロールを吸着!

「食物繊維=整腸作用がある」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか? 

まさにこの「整腸作用」こそが、コレステロール値低下にも効果を発揮してくれる要因となるのです! 
整腸作用とコレステロール、あまり関係があるイメージがないわねぇ・・・ 

まずは食物繊維の整腸作用について、詳しく解説していきます。 

食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維と、水に溶けない「不溶性食物繊維」があり、それぞれ異なった働きをします。
青汁_コレステロール_05 
「水溶性食物繊維」が腸の中でコレステロールを排出する働きがあるんです!
青汁_コレステロール_06  
腸の中で食物繊維がコレステロールを排出するということは・・・

コレステロールが体内に吸収される前に体外へ排出できるということですねっ!? 
その通りです!

このように食物繊維の整腸作用によって、コレステロールも排出されるため、コレステロール値低下に影響を与えるのです。 
食物繊維は腸の中を掃除するイメージがあったが・・・コレステロールも排出してくれるのか 
実はコレステロールだけでなく、糖の吸収を穏やかにしてくれます。

これにより血糖値の上昇を抑制することができ、脂肪をつきにくくする効果も期待できます!
食物繊維の整腸効果がこんなに良い影響があるなんて思わなかったわ!  

 

食物繊維×コレステロールの関係は「胆汁酸」がポイント!

コレステロールは「胆汁酸」を作るための原料となりますが、この「胆汁酸」も食物繊維によって大きな影響を受けます。

通常、「胆汁酸」は体内に取り入れられ、役目を終えると肝臓へ戻ります。 
青汁_コレステロール_07 
肝臓へ戻った胆汁酸は再利用ができるため、原料となるコレステロールはあまり消費されません。

ですが、腸の中に多くの食物繊維があると、胆汁酸が肝臓へ戻ることなく体外へ排出されます。 
青汁_コレステロール_08
ということは、胆汁酸を新しく作り出す必要があるので・・・

原料のコレステロールが消費されるということですねっ!
その通りです!

消費されるコレステロールが多くなると不要になるコレステロールが減るため、体内に取り残されるリスクが減るということです。
食物繊維がこんな風にコレステロールへ影響するなんて意外だわぁ〜 
ここのようなメカニズムにより、食物繊維はコレステロールへ影響を及ぼしています。

そのため、食物繊維を含む青汁を摂取することによってコレステロール値低下への効果が期待できるのです!
  

 

 

コレステロールに効果が期待できる青汁を選ぶ!

どの青汁でもコレステロール値の低下に効果が期待できるのかしら?
「青汁」なんだから、どれも同じような栄養が入っているんじゃないのか? 
すべての青汁に食物繊維が入っているわけではありません!!

栄養は商品によって大きく異なるため、注意しなければならないポイントです!! 
えええ〜!

じゃあどうやってコレステロールへ効果がありそうな青汁を選べば良いのかしら〜・・・
コレステロール値低下へ効果が期待できる青汁を選ぶためのポイントを、詳しく解説していきます!

 

実は様々!青汁の栄養を見極める! 

青汁って、どれも同じような栄養が入っているものだと思っていたわ〜・・・
「青汁」と名乗っているのに、そんなに違うものなのか? 
「青汁」に明確な定義はなく、原料となっている素材も商品によって異なります。

青汁の栄養素は原料となる素材によって大きく左右されるため、商品によって含まれる栄養素は全く異なるのです!  
青汁_コレステロール_10 
原料となる素材の持つ栄養素が、ダイレクトに反映されるということですねっ! 
その通りです!

青汁の栄養素を知るためには、どのような素材が原料として使用されているのか青汁に表記されている「栄養成分表」も含め、きちんと確認することが重要なのです! 
青汁_コレステロール_11
<青汁に使用される野菜について詳しく知りたい方はコチラ!>
●ケール      
yasai_001
>>ケールについての詳しい情報は「ケール特集」で!
●明日葉 
yasai_002
>>明日葉についての詳しい情報は「明日葉特集」で!
●大麦若葉 
yasai_003
>>大麦若葉についての詳しい情報は「大麦若葉特集」で!
●桑の葉 
yasai_004
>>桑の葉についての詳しい情報は「桑の葉特集」で!

     

       

効果が期待できる青汁を選ぶ際のポイントとは?

コレステロール値低下に効果が期待できる青汁を選ぶためには、どんなところを確認したら良いんだ?
食物繊維が多く入った青汁を選ぶことが重要です! 
でも青汁の原料になるようなものなら、食物繊維が豊富に含まれているものが一つぐらい入っているだろう 
原料となる素材に食物繊維が含まれていても、その素材の配合量によってはあまり食物繊維が入っていない可能性もあるんです!

食物繊維が豊富な青汁を摂取することにより、より効果を期待することができます。 
食物繊維以外に、コレステロール値の低下に効果が期待できるような成分は入っていないのかしら〜・・・?
入っている商品もあります!

キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜が持つ「SMCS」や、
特定保健用食品(トクホ)の成分として認められている「キトサン」なども、
食物繊維と同様に、胆汁酸を排出したりすることでコレステロール低下が期待できます。
コレステロール値低下を謳った青汁もありますもんねっ! 
・コレステロールに効果が期待できる成分(食物繊維やSMCS、キトサンなど)が入っているか
・どの程度の量が入っているのか

といった点に注目して、青汁を選びましょう。
 
<おすすめな青汁>
●極の青汁(サントリー)
no1  
  

【原材料】

大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン 
サントリー独自の方法でケルセチンの吸収力を強化させた「ケルセチンプラス」も配合されています。

ケルセチンには、動脈硬化・血圧上昇・コレステロール値の上昇を抑制する効果があります!
  

●ヘルスマネージ大麦若葉青汁(大正製薬)
no2  

【原材料】

大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶、キトサン(カニ由来)、トレハロース、増粘多糖類  
コレステロールを低下させる働きを持つ「キトサン」が配合されています!
 

●緑でサラナ(サンスター)
no3  

【原材料】

ブロッコリー、セロリ、キャベツ、レタス、ほうれん草、大根葉、小松菜、パセリ、りんご、レモン  
アブラナ科の野菜であるブロッコリーとキャベツを使用しているため、アブラナ科の野菜が含む「SMCS」を摂取することができます!
         

 

 

コレステロールを気にした食生活に青汁をプラス

青汁はコレステロール値の低下に効果が期待できますが、青汁を摂取すれば必ずしも大きな効果が出るものではありません。 

コレステロール値を低下させるためには、コレステロールを気にした食生活を行うことが最も大切です!
青汁だけに頼りすぎてはいけないということですね・・・! 
その通りです!

コレステロールを気にした食生活の一部として、青汁をプラスしましょう!

   

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の青汁効果効能

PAGE TOP