乳酸菌青汁ランキング!便秘改善に期待できる乳酸菌青汁を徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青汁比較ナビコラム写真

近年、「乳酸菌」が入っている青汁が販売され、その数は徐々に増加傾向にあります。
腸は「第二の心臓」とも言われており、腸の健康に着目した「腸活」という健康法も話題となっているため、乳酸菌が入った青汁は需要が高まっています。

青汁でも乳酸菌を摂ることができるのねぇ

青汁も乳酸菌も身体に良いものだし、同時に摂ることができるならいいじゃない〜 
確かに両方とも身体に良いイメージはあるが・・・

しかし青汁も乳酸菌も、一体どんな風に身体に良いのかはよくわからんな 
「乳酸菌=腸に良い」ということは一般的に知られていますが、乳酸菌が腸にどのような効果をもたらすのか、ご存知ない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

乳酸菌について詳しく解説をしながら、乳酸菌が入った青汁についてその効果を紐解いていきましょう!

   

  

乳酸菌の入った青汁特集目次

意外と知らない!?乳酸菌の正体を探る!

「乳酸菌」という言葉は一般的に浸透しており、「乳酸菌=腸に良い」ということは多くの方がご存知だと思います。  

腸は「第二の心臓」とも言われているほど、身体の健康へ大きな影響を及ぼします

腸を健康にするために、乳酸菌はとても重要なものなんです!
なんとなく乳酸菌といえば腸に良いイメージだけど・・・

確かになんで腸に良いのかは知らないわねぇ・・・ 
まずは乳酸菌がどのようなものであるか、なぜ腸に良いのか詳しく解説していきます!

   

乳酸菌とはどんなもの?

「乳酸菌は身体に良いもの」というイメージは一般的に浸透していますが、そもそも「乳酸菌」とは一体どのようなものなのでしょうか? 

【乳酸菌とは】

体内に摂取された「糖」から「乳酸」を作り出す働きをする細菌の総称を「乳酸菌」と言います。糖からは乳酸だけでなく、「酢酸」というものも作り出します。
現在確認されているだけでも数百種類の乳酸菌があり、特徴や性質も様々です。 
「乳酸菌」というのはあくまで総称で、「乳酸菌」という名前の菌はありません。 
「動物性乳酸菌」「植物性乳酸菌」というのを聞いたことがありますが・・・

何が違うんでしょうか? 
乳酸菌自体に違いはありません。

ただ、「どこにすみついたのか」という点が違うだけです。
photo_001
動物性と呼ばれるものは乳製品などに、植物性と呼ばれるものは味噌やキムチなど植物原料のものにすみついたものです。

乳酸菌そのものに違いはなく、どちらの方が強いということもありません
乳酸菌は乳製品にだけ入っているのかと思っていたわ〜 
乳酸菌自体は自然界の色々なところに存在しています。人間の体内にも存在しているんですよ!

  

 

 

乳酸菌が腸に良い理由を徹底解説!

「乳酸菌が腸に良い」ということは一般的に知られていますが、どのように腸に良いのでしょうか? 

まずは腸について見てみましょう。

腸の中には様々な菌が数多く存在しており、それらの菌は大きく3つのグループに分かれます
それが、「善玉菌」と呼ばれるグループ「悪玉菌」と呼ばれるグループそして「日和見(ひよりみ)菌」と呼ばれるグループです。

「善玉菌」「悪玉菌」という菌があるんだと思っていたわぁ〜   
「善玉菌」「悪玉菌」という名前の菌が存在するわけではなく、細菌を分類した総称、つまりグループ名なのです。  

名前の通り、「善玉菌」は健康を促し、「悪玉菌」は身体へ悪影響を及ぼす原因を作ります
「日和見菌」というのは初めて聞いたな・・・どんなものなんだ? 
「日和見(ひよりみ)」という言葉には「成り行き次第で身の振り方を決める」といった意味がありますが、まさにそんな菌なのです!
photo_002
腸の中では善玉菌と悪玉菌がそれぞれ優勢・劣勢を競っています。

日和見菌は優勢になっている方の味方をし、さらに優勢にさせる働きをします。 
善玉菌と悪玉菌はなんとなく知っていたけれど・・・そんな菌もあったのねぇ
「日和見菌」の存在は一般的な認知度は高くありませんが、実はとても重要な存在なんです!

なぜなら・・・ 一般的な人の腸内は、70%が日和見菌なのです!!
photo_003     
こんなに日和見菌が多いのねぇ〜〜〜!!!  
そうなんです!日和見菌を味方につけることがとても大切なのです!

では善玉菌・悪玉菌それぞれが優勢なときに、腸内ではどのようなことが起こっているのか見ていきましょう。

  

<善玉菌が優勢なとき>

 腸の中で善玉菌が優勢になっているときは、善玉菌によって作り出される乳酸や酢酸に腸内の壁が刺激され、腸の動きが活発になります。
腸の動きが活性化されると体内の老廃物が排出されやすくなるため、身体のサイクルが良好になるのです。 

photo_004 
腸内を悪玉菌の嫌う弱酸性の環境にするため、悪玉菌の増殖を抑えることもできます。

 

<悪玉菌が優勢なとき>

悪玉菌が優勢になっているときは、悪玉菌によって腸の活動が弱まってしまうため、腸内の老廃物を排出できずに腐敗させていきます
老廃物が溜まってしまうと、腸内はますます悪玉菌が好む「アルカリ性」の環境になっていきます。 

photo_004 
腸の動きが弱まってしまうと身体のサイクルがうまく回らず、様々な病気を誘発しやすくなってしまいます。
日和見菌は優勢な方に味方する・・ということは、悪玉菌が優勢だと日和見菌も味方してしまうということですよね!?
その通りです!

日和見菌をうまく味方につけ、善玉菌が優勢な状態の腸にするために必要なものの一つが、「乳酸菌」なのです!

「乳酸菌」は糖質を分解し「乳酸」や「酢酸」を作り出しますが、この乳酸と酢酸が腸内を悪玉菌の嫌う酸性の環境へと変化させ、善玉菌の強い味方となります。 

photo_005
「乳酸菌」は善玉菌の一つとして、元々腸内にも存在しています。

善玉菌をより優勢にするために、乳酸菌を摂取することはとても意味のあることなのです。

 

  

期待大◎乳酸菌×青汁の効果を紐解く!

乳酸菌と青汁が合わさることによって、どのような効果が見込めるのでしょうか? 

乳酸菌も青汁も身体に良いことはわかるけど・・・

乳酸菌が入った青汁を摂取することで身体にどんな良い効果があるのかしら〜?
乳酸菌が入った青汁は、様々な効果が期待できるんです!

青汁の栄養に着目しながら、その効果ついて詳しく解説していきます。

 

重要!青汁の栄養をきちんと確認!

 

e_001

 青汁を選ぶうえでとても重要となるポイントの一つが、「栄養価」です。
青汁を摂取する目的は「健康のため」「ダイエットのため」など様々ですが、栄養価の少ない青汁では身体への効果が期待できません。

「青汁」というぐらいだから、どれも同じような栄養が入っているんじゃないのか? 
青汁の栄養価は、商品によってまったく異なります!それは原料となる素材が商品によって異なるためです。

原料となる野菜によって、含まれている栄養の特徴は大きく異なります。これが青汁の栄養価にもダイレクトに影響するのです。  
青汁の原料ってそんなに商品によって違うものなのかしらねぇ? 
使用されているもの、種類の多さも、商品によって全く異なります!   
g_001    
また、使用されている原料により、栄養価だけではなく味にも違いが生まれます

「青汁=まずい」というイメージが定着したのは、青汁は元々、味にクセのある野菜を原料として使用していたからです。
最近はお茶のような味の青汁や、ジュースのような味の青汁も多くありますよねっ! 
甘さのある青汁は甘味料が多く使用されている可能性もあるため、注意も必要です!

「乳酸菌が入っている」という点だけではなく、きちんと原料を確認し、より栄養価が高く、自分が継続して摂取できる味の青汁を選びましょう!
<青汁に使用される野菜について詳しく知りたい方はコチラ!>

 ●ケール 

to_001
>>ケールについての詳しい情報は「ケール特集」で!
 

●明日葉 

to_002
>>明日葉についての詳しい情報は「明日葉特集」で!
 

●桑の葉 

to_003
>>桑の葉についての詳しい情報は「桑の葉特集」で!
 

●大麦若葉 

yasai_003
>>大麦若葉についての詳しい情報は「大麦若葉特集」で!

 

<青汁の栄養素について詳しく知りたい方はコチラ!>
   
yasai_001
>>青汁の栄養素についての詳しい情報は「栄養素で選ぶ青汁特集」で!
 
<甘い青汁について詳しく知りたい方はコチラ!>
to_004
>>甘い青汁についての詳しい情報は
「【裏事情】おいしくて甘い青汁は甘味料だらけで危険!」で!
      

  

「乳酸菌×青汁」その効果とは!?

 

na_001

 乳酸菌を青汁と一緒に摂取することによって、どのような効果が見込めるのでしょうか? 

乳酸菌と青汁を同時に摂る最大のメリットは、ズバリ「乳酸菌×食物繊維」によって腸への効果がより期待できる点です!

青汁は食物繊維を豊富に含む原料が使用されているため、食物繊維が含まれているものが多いんです!
食物繊維が腸に良いというのは知っているが・・・なぜ腸に良いんだ? 
食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」というものがあります。

これらはそれぞれ、異なった効果を発揮します。
syokumo_001   
水溶性食物繊維は腸の中で善玉菌のエサとなり、善玉菌増加のチカラとなります! 
食物繊維も善玉菌の味方をしてくれるのね〜! 
血糖値の上昇が抑えられるのも良いじゃないか 
この通り、食物繊維は腸にとても良い効果をもたらします。

乳酸菌を摂取することにより善玉菌を増加させ、さらに食物繊維による効果も加わることにより、腸への効果がとても期待できるのです!

     

   

乳酸菌の入った青汁ランキング

商品のポイントに注目しながら、おすすめの商品をランキングで比較紹介していきます。 

1位 黒糖抹茶青汁寒天ジュレ 
rank_01

 味と手軽さにこだわった、ジュレタイプの青汁です。コメを由来とする乳酸菌が入っています。
約40種類以上の植物を発酵させたエキスにより、様々な栄養を摂取することができるほか、や美容成分なども入っています。 

【原材料】

難消化性デキストリン、黒糖、ココナッツの花蜜、クマイザサ粉末、イソマルトオリゴ糖粉あめ、寒天、殺菌植物性乳酸菌末、抹茶、植物発酵エキス/ゲル化剤(増粘多糖類)、pH調整剤、ヒアルロン酸、香料、乳化剤、グレープフルーツ種子抽出物   
乳酸菌の他にも、腸内環境を整える成分としてイソマルトオリゴ糖や寒天も加えられているため、腸への効果がより期待できる青汁です!

甘さもある青汁ですが、ミネラルが豊富な黒糖・ココナッツシュガーを使用しているため、安心して摂取することができます。

 

2位 乳酸菌が入った青汁(世田谷自然食品) 
rank_02
 

  大麦若葉をメインに、クマザサ・抹茶が加えられた青汁です。コメ由来の乳酸菌が入っています。 

【原材料】

大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、難消化性デキストリン、抹茶、クマザサ粉末、植物性乳酸菌、デキストリン、プルラン
原材料はシンプルですが、大麦若葉には食物繊維が豊富に入っています

乳酸菌と食物繊維による腸への健康効果が非常に期待できる青汁です!

  

3位 青大豆と乳酸菌の青汁 
rank_03
 

ケール・大麦若葉・明日葉・桑の葉といった青汁本来としての素材に加え、様々な栄養素が豊富に含まれる「青大豆」が入った青汁です。
乳酸菌だけではなく、乳酸菌同様に善玉菌増加の元となる「ビフィズス菌」も加えられています。 

【原材料】

ケール、ぶどう糖、抹茶、大麦若葉、青大豆、食物繊維(イヌリン)、クマ笹、桑の葉、明日葉、ボタンボウフウ(長命草)、乳酸菌末(L-カゼイ菌、デキストリン、澱粉、ラブレ菌、他)、ビフィズス菌末(澱粉、ビフィズス菌)、霊芝  ※原材料の一部に乳成分を含む
青汁としての原料はもちろんのこと、青大豆にも食物繊維が豊富に含まれています!

乳酸菌だけでなくビフィズス菌も加えられていますが、青大豆に含まれる「大豆オリゴ糖」はビフィズス菌のエサとなるため、より善玉菌増加を促します!

 

4位 めっちゃたっぷりフルーツ青汁 
rank_04
 

「有胞子性乳酸菌」が入った青汁です。クマザサ・明日葉・モリンガに加え、野菜と果物それぞれ11種類から抽出したエキスにより様々な栄養素を含んでいます。
飲みやすい味にこだわった、フルーツジュースのような味です。    

【原材料】

還元麦芽糖水飴、デキストリン、クマザサ粉末、果汁パウダー、緑茶粉末、明日葉粉末、モリンガ粉末、蓮葉粉末、野草発酵エキス粉末(オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、その他)、フルーツ・野菜抽出エキス、緑茶抽出物、有胞子性乳酸菌、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノキ種子)、パイナップル果実抽出物、乳糖/香料、甘味料(ネオテーム、スクラロース)、シクロデキストリン、(一部に乳成分・小麦、やまいも・りんご・オレンジ・バナナ・ゼラチンを含む)  
「有胞子性乳酸菌」は胞子(殻)を作り出し、自らを守ることのできる乳酸菌です。

乳酸菌にとって悪い環境の中でも、生き抜くことができるため、善玉菌の強い味方となります。

 

乳酸菌の入った青汁を選ぶ際のポイントまとめ

乳酸菌の入った青汁を選ぶ際のポイントをまとめます。 

【乳酸菌の入った青汁を選ぶ際のポイント】

□青汁としての栄養素は何が入っているのかを確認する
□甘味料が多く使用されていないかを確認する
□「乳酸菌が入っている」という理由だけで選ばない
腸は身体の健康に大きく影響するため、乳酸菌が加えられた青汁は、健康効果がとても期待できます!

ですが、栄養価のあまりない青汁ではその効果が半減してしまいます。

青汁自体の栄養価もきちんと確認し、購入しましょう!

  

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の青汁特集

PAGE TOP