安全性の高い国産青汁ランキング!無添加で安心な青汁を徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青汁比較ナビコラム写真

青汁を選ぶ中で、「国産・国内産」「無添加」と謳っている商品を目にすることも多いのではないでしょうか?
近年はより安全で安心できる青汁を選びたいという消費者も多く、販売する企業側も安全性をアピールする商品が増加しています。

やっぱり日本国内で作られているものは安心よねぇ

「無添加」というのも、変なものが入っていない感じがするわぁ
「国産・国内産」「無添加」と聞くと、「安心・安全」といった良い印象を抱く方も多いと思います。

言葉自体にとても良い印象がありますが、実は「国産」「無添加」という言葉が表記されている青汁であっても、必ずしも100%安全なものであるというわけではないんです! 
え〜!でも確かに、どういった基準のものなのかは詳しく知らないわねぇ・・・

なんとなく「安全なもの」という感じがするし、できれば「国産」「無添加」と書いてあるものの方が安心できる感じがするけれど・・・
より安全で安心して摂取できる青汁を選ぶため、「国産・国内産」「無添加」という2つの基準について詳しく解説しながら、おすすめの「国産・国内産」「無添加」の青汁をランキング形式で比較紹介していきます! 

   

  

国産 無添加青汁特集目次

要チェック!「国産」「国内産」を見極める!

日本で製造された「日本製」の商品は、その安全性から海外でも人気があり、ブランドのように扱われています。
中でも食品に関しては特に安全性が重視されるものであり、海外で製造された食品の安全に関する問題もニュースで取り上げられることも多く、日本国内でも日本製のものが好まれる傾向にあります。

青汁も例外ではなく、「国産」「国内産」と謳った青汁も多く販売されています。 

日本製の青汁の方が安心して飲めるし、日本製のものを選びたいけれど・・・

「国産」とか「国内産」て書いてあるものがたくさんあって迷ってしまうわぁ〜 
「国産」「国内産」と表記されているものでも、その青汁が100%日本製というわけではありません!
えええ〜!どういうことなのかしら〜!?    
日本製の青汁を選ぶ際に重要な、「国産」という言葉を見極めるためのポイントを解説していきます!

 

衝撃事実!「国産青汁」と「国内産青汁」は違う!? 

kk_001

 様々な青汁を確認してみると、「国産青汁」という表記と「国内産青汁」という表記を見かけます。 

確かに2パターンあるけれど・・・あまり気にしたことがなかったわ〜

「国産」も「国内産」も同じ「日本産」ということでしょう?
あまり気にしていない方も多いと思いますが・・・

実は「国産」と「国内産」は異なるものなんですよっ!! 

【国産】

海外から輸入したものを、日本で加工したもの 
国産

青汁の場合、原料となる野菜は海外で栽培し、青汁として加工する工程は日本で行なっているものなどが「国産」に該当します。     

【国内産】

生産→加工まで、全ての工程を日本国内で行なったもの
kokunaisan

 青汁の場合、原料となるものの栽培から青汁への加工まで、全てを日本国内で行なっているものなどが該当します。 

野菜以外のものを原料として使用している青汁も多いため、全ての原料を日本国内で生産している青汁はあまり多くはありません。 
「国産青汁」と言っても、原料から完全に日本で作られたものではなかったのね〜〜〜!!! 
日本国内で作られたものにこだわる場合、「国産」と「国内産」について、きちんと違いを理解することは大切ですねっ!

   

 

何が国産?「100%国産」をきちんと確認

「国産」「国内産」という言葉を見ると、安全性が高く安心できるものだというイメージを抱きますが、全てが日本で作られているわけではないものも多くあります。 

例を見てみましょう! 
keru_001 

このような表記がある場合、「国産」「100%」という言葉から、「安心できる商品である」というイメージを抱く方も多いのではないでしょうか?

日本で作られたもので、安全性が信頼できるものだと思うわ〜
ここで重要なのは、 「《何が》日本で作られたものなのか」ということなのです!!

「国産ケール100%」と表記されている場合、国産であるのはケールのみです。青汁の原料は様々なものが使用されている商品が多くあります。 

《例》【原材料】

ケール末、大麦若葉末、明日葉末、抹茶

このような原材料であった場合、ケールは国産ですが、その他の「大麦若葉・明日葉・抹茶」については輸入である可能性があります。     

もう一つ、例を見てみましょう! 
kokusan_003

このような表記の場合、国産であるのは「青汁原料」です。 

「青汁原料」ということは、原料すべてが国産ということなんじゃないのか?
「青汁原料」という言葉で表しているものは、「青汁の原料」ではなく「青汁としての原料」です! 

《例》【原材料】

ケール末、大麦若葉末、明日葉末、抹茶、りんごエキス、オレンジエキス

このような原材料の場合、「青汁原料=ケール末・大麦若葉末・明日葉末」となります。抹茶・りんごエキス・オレンジエキスについては、輸入されたものである可能性があります。 

「青汁としての原料」って定義は何なんだ!? 
青汁自体に明確な定義はなく、「この原料が使用されていたら青汁と名乗ることができる」という決まりもありません。

ですので、「青汁原料」の定義は明確にはないんです・・・!
とてもわかりにくいわねぇ・・・ 
安易に「国産」「国内産」「100%」などといった言葉で安心せず、何が日本製のものであるのかをきちんと判断することが大切です!

青汁自体が国産または国内産であるのか、原料の一部がそうであるのか、必ず確認しましょう!

         

   

  

栽培方法と工場の安全性をチェック!

「国産」「国内産」の青汁であっても、絶対に安全なものであるというわけではありません。 

日本で栽培されていたり加工されているものは、それだけで安全なものという感じがするわぁ 
より安心して摂取することができる青汁を選ぶためには、日本国内で栽培・加工されたものであっても、その過程を知る必要があります!
そこまでこだわっている青汁もあるの〜!?
日本国内で栽培・加工するだけではなく、さらに安全にこだわった青汁もあるんですっ♪

青汁の原料となる野菜の栽培方法や、加工を行う工場について、詳しく解説します!

 

「有機栽培」ってどういうこと?

yuki_001

青汁について調べていると、「有機栽培のケール」「有機栽培の明日葉」など、「有機栽培」という言葉を目にすることも多いのではないでしょうか?  

色々な商品でよく目にするわねぇ

「有機栽培」と聞くと、安全にこだわった栽培方法なイメージがあるわぁ〜
なんとなく良いイメージだが、どんな基準なのかは詳しく知らないな 
「有機栽培」は、とても厳しい基準が設けられているんです!

【有機栽培とは】

●原則として、農薬や化学肥料を使用せずに栽培する
●種まきや苗の植え付け前に、最低2年以上(植えるものの種類によっては3年以上)農薬や化学肥料を使用していない場所で栽培する
●生産〜出荷までの工程を記録管理する

上記のルールを守り、認証機関に「有機JAS認証」という認証を得ているもの 
認証を得るためには、この他にも畑周辺の環境であったり、栽培に使用する資材などにも規定があり、とても手間とコストのかかる栽培方法なんですっ! 
ということは、やっぱりすごく安心できるものだったのねぇ〜! 
日本のこういった規格は、きちんと審査されているだろうから安心できるな 
より安全で安心して摂取できる青汁を選びたい方は、「国産」「国内産」というだけではなく、ぜひこういったところも確認してみてください!

        

 

安全の証!「GMP認定工場」 

gmp_001

青汁は原料となる食材を加工しているため、より安全で安心できる青汁を選ぶためには、加工を行う工場についての安全性も重要なポイントです。
現在販売されている青汁の中には、「GMP認定工場」という表記のある青汁も多くあります。 

「GMP認定工場」って確かによく見るわねぇ・・・  
「認定」というぐらいだから、何かしらの審査を受けているんだろうが・・・どんな規格なんだ? 
「GMP」というのは、製品の「安全」と「品質」を管理する基準なんです!

【GMP適合性調査】

製造する工場の設備や管理方法が、製造管理と品質管理に関する基準を満たしているか審査される検査。
きちんとした品質のものが製造できる体制であるかを判断するもの。
つまり、「GMP認定工場」ということは、このガイドラインをクリアしている工場であるため、安心・安全な製造工程と品質が認められているということなんですよっ! 
じゃあGMP認定工場で作られている青汁は、信用できる製品ということね〜! 
日本国内の工場で製造されているからといって、必ずしも安全というわけではありません!

GMP認定されている工場であれば、製造過程や品質において安全性はきちんと認められているので、より安心して摂取することができますね!

      

      

 

「無添加=安心・安全」は誤解だった!?

近年、食品の添加物について注意喚起を行う論調もあり、「無添加」という言葉が一般の消費者にも広く浸透するようになりました。 

「添加物」というとなんとなく身体に悪い感じがするし・・・「無添加」はそういうものが入っていなくて良いイメージがあるわぁ
でも食品の添加物がどんなものなのか、どんな風に悪いのかは詳しく知らんな・・・
なんとなく「添加物」という言葉に悪いイメージをお持ちの方も多く、逆に「無添加」という言葉に良いイメージを持っている方も多くいらっしゃいますが・・・

食品添加物」とはどのようなものなのか、まず見てみましょう。 

【食品添加物とは】

食品の製造・加工・保存の目的で使用される、保存料・甘味料・着色料・香料などのことを言います。

食品衛生法第4条第2項で「添加物とは、食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するものをいう」と定義されており、
厚生労働省にて人体の健康を損なわないことを確認し、規格や使用基準を定め、使用を許可しているものです。
つまり、きちんと安全性は認められているものなんです!

もちろん、多く摂りすぎてしまうと身体へ悪影響を及ぼす可能性はありますが、これは食品添加物に限ったことではなく、どのような食品であってもその可能性は含んでいます。 
ということは、極端に多く摂らなければ絶対に危険というわけではない・・ということなんだな?
その通りです!

ですが、食品添加物はあえて摂取する必要があるものではないため、なるべく摂取したくないという方もいらっしゃいます。
私はやっぱり食品添加物が入っていない、無添加のものが良いわねぇ・・・

「無添加」と書かれている青汁を選んでしまうわぁ〜       
「無添加」と表記されていても、注意しなければなりません!

実は「無添加」という表記がある青汁であっても、添加物が入っていることはあるんです!

 

m_001 

例えばこのような青汁の広告を見たとき、安心できる良いイメージを抱く方も多いのではないでしょうか? 

無添加だし国産だし・・・すごく安心できる青汁な感じがするわねぇ
このような表記の場合、無添加なのは「着色料」だけであり、その他の添加物は入っている可能性があるんです!
m_002
この場合は「着色料《は》無添加」なのであり、その他の添加物については「無添加」の表記がありません。
「無添加」っていう言葉があると、添加物が入っていない感じがしてしまうわぁ〜〜〜!!  
m_003 
「無添加」という表記があっても、食品添加物全てが入っていないということではない可能性があります。

無添加の青汁を選びたい方は、何が無添加であるか、他にどういったものが使用されているのか、きちんと確認しましょう。

   

 

国産 無添加青汁ランキング

商品のポイントに注目しながら、おすすめの商品をランキングで比較紹介していきます。 

1位 健康道場 粉末青汁(サンスター)

◎国産野菜のみ使用
◎完全無添加
△工場不明

rank_001

 大麦若葉・ケール・明日葉を含めた、5種類の野菜のみを原料とし、作られている青汁です。野菜はすべて国内産にこだわり、添加物は一切入っていません。

【原材料】

ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
使用されている原料が5種類の国産野菜のみとなっており、添加物も一切入っていません!

青汁の三代原料と言っても良いほど多くの青汁に使用されている「ケール」「大麦若葉」「明日葉」が全て使用されているため栄養バランスにも優れており、栄養面も期待ができる青汁です。

  

2位 本搾り青汁ベーシック(ファンケル)

◎国内産ケール使用
◎完全無添加 
◎化学農薬を使用せずに栽培
◎国内工場で製造

rank_002

  ケールをそのまま粉末にした青汁です。化学農薬を一切使用せず、国内で栽培されたケールのみを使用しています。 

【原材料】

ケール(国内産)、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、植物性ツイントース(オリゴ糖)  
使用されている野菜は国内産のケールのみです!

その他の原材料については栄養の成分のため、ケール以外の栄養素も摂取することができます。

添加物も一切入っていない青汁です!

 

3位 ふるさと青汁(マイケア)

◎国内産野菜使用  
◎完全無添加 
◎国内工場で製造

rank_003

 八丈島産の明日葉を、根まで丸ごと使用した青汁です。
明日葉をメインに使用していますが、桑の葉・大麦若葉といった青汁で多く使用されている原材料も入っています。 

【原材料】

あしたば葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末   
「無添加」を謳っている商品ではありませんが、原材料を確認すると「無添加」と言えます

明日葉を根まで使用し、桑の葉・大麦若葉を加えているため、栄養バランスにも期待ができる青汁です!

  

国産 無添加青汁を選ぶポイントまとめ

国産・国内産 無添加青汁を選ぶ際のポイントをまとめます。 

【国産・国内産 無添加青汁を選ぶ際のポイント】

□全てが国産か・原料の一部が国産かを確認する
□何が「無添加(添加されていない)」なのかを確認する

ーより安全なものを選びたい場合は・・・
□どのような工場で製造されているのかを確認する
□栽培方法について確認をする
青汁は継続して摂取してこそ効果が期待できるものなので、自分自身が信頼できる青汁を選ぶことは大切です。

また、青汁を選ぶ上では「栄養」も忘れてはいけません!
きちんと栄養も摂取できる、信頼できる青汁を選びましょう!
「国産」「無添加」という言葉自体に良いイメージがあるため、表記されているだけで良い商品のように感じてしまいますが・・・

イメージだけで判断せず、きちんと確認し購入しましょう!

  

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の青汁特集

PAGE TOP